【Canva】「フレーム」と「グリッド」の使い方

【Canva】「フレーム」と「グリッド」の使い方。写真を特定の形に切り抜く!

今回は、写真を特定の形に切り抜きたいという方に向けて、「フレーム」と「グリッド」の使い方をご紹介していきます。




1.「フレーム」:はじめに

フレームの特徴

・単体のみでの写真を切り抜く場合におすすめ
・フレームのバリエーションが豊富

フレームの特徴 。単体のみでの写真を切り抜く場合におすすめ 。フレームのバリエーションが豊富

2.「フレーム」の使い方

フレームの「追加」

①「素材」をクリック。
②「フレーム」カテゴリの「すべて表示」をクリック。

①「素材」をクリック。②「フレーム」カテゴリの「すべて表示」をクリック。

③「使用したいフレーム」をクリック。
④「キャンバス」に追加されます。

③「使用したいフレーム」をクリック。④「キャンバス」に追加されます。

フレームに写真を追加し「切り抜く」

フレームを追加済の状態で作業します。

①「写真」をクリック。
②フレームに「追加したい写真」をクリック。
③「キャンバス」に追加されます。

①「写真」をクリック。②フレームに「追加したい写真」をクリック。③「キャンバス」に追加されます。

④「写真」を選択。
⑤ドラッグしながら「フレーム内」にもっていく。

④「写真」を選択。⑤ドラッグしながら「フレーム内」にもっていく。

⑥ドロップすると「フレームの形」に沿って写真が「切り抜かれ」ます。

⑥ドロップすると「フレームの形」に沿って写真が「切り抜かれ」ます。

フレーム内の写真の「サイズ変更・移動」

①フレーム内の「写真」をダブルクリック。

①フレーム内の「写真」をダブルクリック。

②「サイズ変更・移動」などが編集できるようになります。

②「サイズ変更・移動」などが編集できるようになります。

フレームの「削除」

①「フレーム」を選択。
②「ゴミ箱ボタン」をクリックすると削除ができます。
※フレーム内に写真が追加されている場合は、写真を削除してからフレームを削除することができます。

①「フレーム」を選択。②「ゴミ箱ボタン」をクリックすると削除ができます。※フレーム内に写真が追加されている場合は、写真を削除してからフレームを削除することができます。



3.「グリッド」:はじめに

グリッドの特徴

・複数の写真を整列させて切り抜く場合におすすめ
・整列のバリエーションが豊富

グリッドの特徴 。複数の写真を整列させて切り抜く場合におすすめ 。グリッドの型が綺麗に整列されてそのまま使える

4.グリッド」の使い方

グリッドの「追加」

①「素材」をクリック。
②「グリッド」カテゴリの「すべて表示」をクリック。

①「素材」をクリック。②「グリッド」カテゴリの「すべて表示」をクリック。

③「使用したいグリッド」をクリック。
④「キャンバス」に追加されます。

③「使用したいグリッド」をクリック。④「キャンバス」に追加されます。

グリッドに写真を追加し「切り抜く」

グリッドを追加済の状態で作業します。

①「写真」をクリック。
②グリッドに「追加したい写真」をクリック。
③「キャンバス」に追加されます。

①「写真」をクリック。②グリッドに「追加したい写真」をクリック。③「キャンバス」に追加されます。

④「写真」を選択。
⑤ドラッグしながら「グリッド内」にもっていく。

④「写真」を選択。⑤ドラッグしながら「グリッド内」にもっていく。

⑥ドロップすると「グリッドの形」に沿って写真が「切り抜かれ」ます。

⑥ドロップすると「グリッドの形」に沿って写真が「切り抜かれ」ます。

グリッド内の写真の「サイズ変更・移動」

①グリッド内の「写真」をダブルクリック。

①グリッド内の「写真」をダブルクリック。

②「サイズ変更・移動」などが編集できるようになります。

②「サイズ変更・移動」などが編集できるようになります。

グリッドの「削除」

①「グリッド」を選択。
②「ゴミ箱ボタン」をクリックすると削除ができます。
※グリッド内に写真が追加されている場合は、写真を削除してからグリッドを削除することができます。

①「グリッド」を選択。②「ゴミ箱ボタン」をクリックすると削除ができます。※グリッド内に写真が追加されている場合は、写真を削除してからグリッドを削除することができます。



まとめ

写真を特定の形に切り抜く場合は、「フレーム」や「グリッド」を活用してみてください。

以上となります。
ご参考になっていただけましたら、幸いです。