【XD】アートボードの「書き出し」方法

【XD】アートボードの「書き出し」方法

今回は、アートボードの「書き出し」方法をご紹介していきます。



1.アートボード「書き出し」選択

「個別」選択

①「書き出したい」アートボードを選択。
※アートボードの名前をクリックすると選択されます。
②「ファイル」→「書き出し」→「選択済み」をクリック。
③書き出し設定へ進む

①「書き出し」たいアートボードを選択。 ※アートボードの名前をクリックすると選択されます。②「ファイル」→「書き出し」→「選択済み」をクリック。

「すべて」選択

①「ファイル」→「書き出し」→「すべてのアートボード」をクリック。
②書き出し設定へ進む

①「ファイル」→「書き出し」→「すべてのアートボード」をクリック。

2.アートボード「書き出し」設定

①「フォーマット」を任意選択。
②「書き出し先」を任意選択。

「書き出し先」とは

以下のように、各選択に応じた倍率が書き出されます。
倍率の説明は次のデザイン倍率を参照。

・デザイン:1x
・Web:1x、2x
・iOS:1x、2x、3x
・Android:75%(ldpi)、100%(mdpi)、150%(hdpi)、200%(xhdpi)、300%(xxhdpi)、400%(xxxhdpi)

③「デザイン倍率」を任意選択。

「デザイン倍率」とは

アートボードを基準に「1x」の場合は「等倍」「2倍」の2種類のサイズが書き出されます。「2x」の場合は「等倍」「1/2」の2種類のサイズが書き出されます。
以下、例のように等倍サイズで作成した場合は「1x」Retinaサイズで作成した場合は「2x」で書き出すといいでしょう。

・【例】等倍サイズ(通常)で作成した場合
アートボードサイズ:375×667(iPhone7/8/SE2)
「1x」→「375×667」「750×1334」
「2x」→「188×334」「375×667」

・【例】Retinaサイズ(2倍)で作成した場合
アートボードサイズ:750×1334(iPhone7/8/SE2)
「1x」→「750×1334」「1500×2668」
「2x」→「375×667」「750×1334」

④「書き出し」をクリック。

①「フォーマット」を選択。②「書き出し先」を選択。③「デザイン倍率」を選択。④「書き出し」をクリック。

まとめ

アートボード」を書き出す際に、デザイン倍率の知識を入れておくといいでしょう。

以上となります。
ご参考になっていただけましたら、幸いです。