【Canva】テキスト編集「文字設定」の機能・使い方

【Canva】テキスト編集「文字設定」の機能・使い方

今回は、テキスト編集をする際にフォント、文字サイズ、文字色などを変更したいという方に向けて、「文字設定」の機能・使い方をご紹介していきます。




1.テキスト編集「文字設定」

以下、番号が振られている各部分の機能・使い方を解説します。

以下、番号が振られている各部分の機能・使い方を解説します。



①フォント種類

文字のフォントを選ぶことができます。
※一部有料フォントもあります。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「フォント」をクリック。
③「フォントの一覧」から「フォントを選択」すると、テキストのフォントが変更されます。

①「テキスト」を選択。②「フォント」をクリック。③「フォントの一覧」から「フォントを選択」すると、テキストのフォントが変更されます。

フォント種類(例)



②文字サイズ

文字のサイズを変更できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「+・-」を押してサイズ変更or「数値」から値を選択すると、テキストのサイズが変更されます。

①「テキスト」を選択。②「+・-」を押してサイズ変更or「数値」から値を選択すると、テキストのサイズが変更されます。

文字サイズ(例)



③文字色

文字の色(カラー)を変更できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「テキストの色」をクリック。
③「新しい色」や「デフォルトカラー」などから色を選択すると、テキストの色が変更されます。

①「テキスト」を選択。②「テキストの色」をクリック。③「新しい色」や「デフォルトカラー」などから色を選択すると、テキストの色が変更されます。

文字色(例)



④太字

文字を太文字にできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「太字」をクリックすると、テキストが太くなります。
※フォントによってはできない場合もあります。

①「テキスト」を選択。②「太字」をクリックすると、テキストが太くなります。※フォントによってはできない場合もあります。

太文字なし 太文字あり



⑤斜体

文字を斜体にできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「斜体」をクリックすると、テキストが斜めになります。
※フォントによってはできない場合もあります。

①「文字」を選択。②「斜体」をクリックすると、テキストが斜めになります。※フォントによってはできない場合もあります。

斜体なし 斜体あり



⑥配置(文字寄せ)

テキストボックス内の文字を左寄せ、中央寄せ、右寄せにできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「配置」をクリックすると、「左寄せ、中央寄せ、右寄せ」の順にテキストが文字寄せされます。

①「テキスト」を選択。②「配置」をクリックすると、「左寄せ、中央寄せ、右寄せ」の順にテキストが文字寄せされます。

配置(文字寄せ)



⑦箇条書き

テキストを箇条書きにできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「箇条書き」をクリックすると、「中黒、数字」の順にテキストが箇条書きになります。

①「テキスト」を選択。②「箇条書き」をクリックすると、「中黒、数字」の順にテキストが箇条書きになります。

箇条書き(種類)



⑧スペース(字間・行間)

文字の間隔、行の高さを変更できます。

■使い方「字間」

①「テキスト」を選択。
②「スペース」をクリック。
③「文字間隔」のバーを左右に移動させると、テキストの字間が調整されます。

①「テキスト」を選択。②「文字間隔」のバーを左右に移動させると、テキストの字間が調整されます。

文字間隔(例)

■使い方「行間」

①「テキスト」を選択。
②「スペース」をクリック。
③「テキストボックスを固定」から、高さ方向を選択。
④「行の高さ」のバーを左右に移動させると、テキストの行間が調整されます。

①「テキスト」を選択。②「テキストボックスを固定」から、高さ方向を選択。③「行の高さ」のバーを左右に移動させると、テキストの行間が調整されます。

行の高さ(例)



⑨縦書き

テキストを縦書きにできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「縦書きのテキスト」をクリックすると、テキストが縦書きになります。

①「テキスト」を選択。②「縦書きのテキスト」をクリックすると、テキストが縦書きになります。

縦書きなし 縦書きあり



⑩エフェクト(文字装飾・変形)

文字の装飾や変形ができます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「エフェクト」をクリック。
③「エフェクトの一覧」から「エフェクトを選択」すると、テキストにエフェクトが反映されます。

①「テキスト」を選択。②「エフェクト」をクリック。③「エフェクトの一覧」から「エフェクトを選択」すると、テキストにエフェクトが反映されます。

エフィクト例は③参照



⑪下線

文字に下線を引くことができます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「下線」をクリックすると、テキストに下線が追加されます。

①「テキスト」を選択。②「下線」をクリックすると、テキストに下線が追加されます。

下線なし 下線あり



⑫aA(大文字or小文字)

文字を大文字or小文字に変更できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「aA」をクリックすると、文字を大文字or小文字に変更できます。

①「テキスト」を選択。②「aA」をクリックすると、文字を大文字or小文字に変更できます。

小文字 大文字



⑬リンク

テキストにリンクを埋め込むことができます。
※リンクが有効なのは、デザインがPDF形式とプレゼンテーションモードの場合のみです。
JPG、PNG形式にはリンクを埋め込むことはできません。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「リンク」をクリック。
③「リンクを入力」し「適用」をクリックすると、テキストにリンクが埋め込まれます。

①「テキスト」を選択。②「リンク」をクリック。③「リンクを入力」し「適用」をクリックすると、テキストにリンクが埋め込まれます。



⑭ロック

テキストの編集・移動などをロックできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「ロック」をクリックすると、テキストがロックされます。

①「テキスト」を選択。②「ロック」をクリックすると、テキストがロックされます。



⑮コピー(複製)

テキストをコピーできます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「コピー」をクリックすると、テキストが複製されます。

①「テキスト」を選択。②「コピー」をクリックすると、テキストが複製されます。



⑯配置(前面・背面・上下左右中央揃え)

テキストの位置を前面・背面・上下左右中央揃えに配置できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「配置」をクリック。
③「前面・背面・上下左右中央揃え」のどれかを選択すると、テキストがその位置に配置されます。

①「テキスト」を選択。②「配置」をクリック。③「前面・背面・上下左右中央揃え」のどれかを選択すると、テキストがその位置に配置されます。

前面・背面 上下左右中央揃え



⑰透明度

テキストの透明度を変更できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「透明度」をクリック。
③「バー」を左右に移動させると、テキストの透明度が変更されます。

①「テキスト」を選択。②「透明度」をクリック。③「バー」を左右に移動させると、テキストの透明度が変更されます。

透明度(例)



⑱削除

テキストを削除できます。

■使い方

①「テキスト」を選択。
②「削除」をクリックすると、テキストが削除されます。

①「テキスト」を選択。②「削除」をクリックすると、テキストが削除されます。



まとめ

文字設定」を使いこなすことで、テキストの見栄え・表現の仕方も変わってくるので、いろいろ試してみるといいでしょう。

以上となります。
ご参考になって頂けましたら幸いです。